東亞文化交流研究室 - 專書一覽
東アジアの覚醒
  • 作者:徐興慶
  • 出版社:研文出版
  • 出版日期:2014年8月
  • 語言:中文.日文
東アジアの覚醒
目  錄

序章 近代日中知識人の相互認識…………………………………………………………… 3
 一 本書の課題……………………………………………………………………………… 3
 二 「自他認識」とは何か………………………………………………………………… 4
 三 思想変遷からのアプローチ…………………………………………………………… 5
 四 近代日中知識人の歴史意識…………………………………………………………… 10
 五 近代日中知識人の共通点―翻訳を通じた西洋文明の摂取………………………… 12
 六 近代日中知識人の知恵とその現代的意義…………………………………………… 21
第一章 箕作阮甫、塩谷宕陰、佐久間象山の思想変遷…………………………………… 30
 一 箕作阮甫と徳川幕府の開国政策……………………………………………………… 30
 二 塩谷宕陰の思想と主張………………………………………………………………… 35
 三 佐久間象山の思想変遷………………………………………………………………… 49
 四 日本が世界へと向かう起点…………………………………………………………… 59
第二章 王鞱と中村正直、岡千仞の思想比較……………………………………………… 86
 一 王鞱の人物像…………………………………………………………………………… 87
 二 王鞱と中村正直………………………………………………………………………… 89
 三 王鞱と岡千仞…………………………………………………………………………… 101
 四 王鞱と岡本監輔………………………………………………………………………… 120
第三章 伝統と近代の間―福沢諭吉の儒教批判への試論………………………………… 156
 一 儒教と西洋文明の二重接触…………………………………………………………… 156
 二 排外思想と儒教主義の関連性………………………………………………………… 157
 三 異なる古今社会に対する儒教観の転換とその要因………………………………… 169
第四章 岡倉天心の「アジアは一つ」をどう読むべきか………………………………… 176
 一 問題の所在……………………………………………………………………………… 176
 二 岡倉天心の「アジアは一つ」に対する各論………………………………………… 178
 三 「自国中心」をめぐる天心の発声を如何に読むべきか…………………………… 185
 四 まとめと課題…………………………………………………………………………… 192
第五章 小室信介の中国観―『第一遊清記』を中心として……………………………… 199
 一 小室信介―その思想と主張…………………………………………………………… 201
 二 『第一遊清記』に見る小室信介の中国観…………………………………………… 205
 三 同時期における黒田清隆、尾崎行雄の中国観察…………………………………… 213
第六章 近代文化論から見た李春生の日本観……………………………………………… 220
 一 李春生の出自とその著書……………………………………………………………… 221
 二 「台湾事件」に対する李春生の見方………………………………………………… 225
 三 『東遊六十四日随筆』に現れる李春生の日本観…………………………………… 227
第七章 張徳彝の異文化論説………………………………………………………………… 238
 一 張徳彝に関する先行研究……………………………………………………………… 238
 二 張徳彝の人物考………………………………………………………………………… 239
 三 張徳彝の日本見聞録…………………………………………………………………… 240
第八章 近代中国知識人の日本体験―梁啓超、林献堂と戴季陶の日本観の比較……… 257
 一 梁啓超と林献堂の日本観……………………………………………………………… 258
 二 戴季陶の日本観………………………………………………………………………… 276
 三 翻訳書、著書による外来思想吸収の同調と異趣…………………………………… 285
 四 近代東アジア人物思想交流史研究と著者をめぐって(伊東貴之………………… 299
あとがき………………………………………………………………………………………… 309
索引……………………………………………………………………………………………… 313
序  章
後  記
書  評
go to top