• 教學助理專區
  • 交通資訊
  • 聯絡我們
  • 台大首頁

首頁 > 本系介紹 > 國際學術研討會 > 台大日本語文創新國際學術研討會
本系介紹
國際學術研討會
台大日本語文創新國際學術研討會
國際學術研討會  | 日期. 2006年11月04日
地  點.台灣大學文學院演講廳
文學院第20教室
議程表

專題演講:
主持人:趙順文 教授
演講人:国広哲弥 教授 [1]
題 目:格助詞のガと終助詞のガ

主持人:賴振南 教授
演講人:平野由紀子 教授 [2]
題 目:平安文学と女性(Women and Heian Literature)

主持人:張炎憲 國史館館長
演講人:小風秀雅 教授 [3]
題 目:明治憲法の制定と近代日本

主持人:楊思偉 台中教育大學校長
演講人:高崎みどり 教授 [4]
題 目:日常会話の分析

語言學100(國際會議廳)

評論人:賴錦雀 教授
林慧君(台大) [5]
翻訳語の混種語における語構成

評論人:賴錦雀 教授
蘇文郎(政大) [6]
変化構文における結果語の「に」と「と」の使い分け

評論人:蘇文郎 副教授
林青樺(淡江) [7]
事象達成の観点から見た文の意味機能
-実現可能文と無標の動詞文を対象として-

評論人:蘇文郎 副教授
劉怡玲(東吳) [8]
「したがう」の複合助詞化、接続詞化

評論人:吉田妙子 副教授
黃愛玲(高科大) [9]
語彙の意味属性を再考
-中国語語彙「男」と「女」の調査を中心に-

評論人:吉田妙子 副教授
江雯薰(淡江) [10]
副詞として機能する時間名詞に関する一考察──
「トツゼン」と「フイニ」の異同性を中心に──

評論人:謝豊地正枝 教授
呂佳蓉(京都大) [11]
構文文法と擬音語・擬態語

評論人:謝豊地正枝 教授
甲斐ますみ(關島大) [12]
日本語の二重「は」構文における「NPは」の解釈

文學 111

評論人:林水福 教授
鄭家瑜(明道) [13]
「『古事記』における〈天浮橋〉」

評論人:林水福 教授
曹景惠(景文) [14]
『沙石集』と『徒然草』

評論人:曾秋桂 教授
吳佩珍(東吳) [15]
アイルランド経験の想像とフォルモサ‧イデオロギー―菊池寛『暴徒の子』を中心に―

評論人:曾秋桂 教授
林蕙美(高科大) [16]
漱石漢詩に見られる「狂」の表現を中心に

評論人:黃錦容 教授
黃翠娥(輔仁) [17]
太宰治「股をくゞる」論

評論人:黃錦容 教授
曾秋桂(淡江) [18]
「明治末期の新聞メディアのエクリチュール――明治40年代朝日新聞連載小説を中心に――」

評論人:陳明姿 教授
黃錦容(政大) [19]
誰に何が犯されたのか―小島信夫『抱擁家族』に見るセクシュアリティーの身体性と他者性―

評論人:陳明姿 教授
林淑丹(文藻) [20]
森鷗外『十人十話』試論

語言教學與語言文化 113

評論人:張金塗 教授
陳淑娟(東吳)と王淑琴(東吳) [21]
学習者言語コーパスの構築に向けて―LARP at SCUを例として―

評論人:張金塗 教授
吳岳樺(靜宜) [22]
言語行動の調査法に関する一考察――DCTと面接法の調査結果から――

評論人:陳淑娟 教授
魏世萍(明道) [23]
日本文化教科書研究への勧め

評論人:陳淑娟 教授
吳秦芳(世新) [24]
「接続表現」形式に見る20〜60歳代の日本語母語話者の会話管理―日本語の座談会をデータにした事例研究―

評論人:楊合義.曾士榮
許均瑞(銘傳) [25]
「二国論」はどう報道されたか ―『朝日新聞』の関連報道を軸に―

評論人:楊合義.曾士榮
張修慎(靜宜) [26]
戦時下台湾知識人における「民俗」の意味―『民俗台湾』をめっぐて―

評論人:林文賢 教授
劉百齡(銘傳) [27]
Web上における学習者の日本語情報検索過程の分析

評論人:林文賢 教授
林立萍(台大) [28]
大学入試科目としての日本語語彙表

總評人:湯廷池 教授