首頁 > 本系介紹 > 學術活動 > 國際學術研討會

本系介紹

學術活動 - 國際學術活動
2016年和漢比較文学会議
  • 和漢比較文學會議
  • 丹羽博之 & 森新之介
  • 三田明弘 & 相田満
國際學術研討會International Symposium
2016年和漢比較文学会議
日   期: 2016年08月31日 - 2016年09月01日
議   程:2016和漢比較文學會議議程
地   點:臺大文學院演講廳
 
《特集1 中世漢学》 座長:丹羽博之
金言集にみる「文」と「学」―中世における武家の漢学教育を中心に―
張硯君(日:大阪大学大学院(院))

慈円『愚管抄』における権者論の由来と機能
森新之介(日:早稲田大学高等研究所)


《特集2 新視点資料》 座長:森新之介
琉球漢詩人蔡大鼎の詩に詠われた日本―『欽思堂詩文集』巻二所収の15首について―
紺野達也(日:神戸市外国語大学)

無窮會の文事 森鷗外と吉田学軒(二)-無窮會所蔵吉田学軒文書の森鷗外関係資料につきて-
鈴木望(日:公益財団法人無窮会)


《特集3 観相と文学》 座長:鈴木望
もうひとつの観相の系譜―『徒然草』第百四十五・百四十六段を例に―
黄昱(日:国文学研究資料館)

『日本における『神相全編』享受考―『八犬伝』を中心に―
相田満(国文学研究資料館・総合研究大学院大学)


《特集4 動物と文学①》 座長:相田満
『今昔物語集』所載話における狐のイメージ―擬人化された狐の比較文学的考察―
馮超鴻(日:早稲田大学(院))

『太平広記』虎部説話と日本における虎の説話
三田明弘(日:日本女子大学)


《特集5:歌の表現》 座長:三田明弘
柿本人麻呂関係歌の表記―方法分類の試み―             
茂野智大(日:筑波大学[院])

『新古今集』真名序の「理世撫民」の表現形成――漢文学との関わりについて
陳錦清(中:広東海洋大学)


《特集6:書物の世界》 座長:陳錦清
和漢朗詠集の伝本
惠阪友紀子(日:京都精華大学)

「自写」経典の宋の地における開版―日宋の一、二の例をめぐって―
牧野和夫(日:実践女子大学教授)


《特集7:道真の世界》 座長:牧野和夫
国司菅原道真の文学
谷口孝介(日:筑波大学)

日中「竹馬」小考             
堀誠(日:早稲田大学))


《特集8:動物と文学②》 座長:堀誠
『今昔物語集』震旦部巻十・十九話をめぐって―漢故事の日中における変容と展開―                 
白雲飛(日:大阪市立大学・客員研究員/総合研究大学院大学・研究生)

貂怪異譚考
増子和男(日:茨城大学)


《特集9:歌と故事》 座長:増子和男
大江匡衡と赤染衛門の贈答歌に見える漢故事について
木戸裕子(日:鹿児島県立短期大学)

箱根八里「羊腸の小径は苔滑らか」と草場佩川「山行示同志」詩の「路入羊腸滑石苔」をめぐって
丹羽博之(日:大手前大学)