• 教學助理專區
  • 交通資訊
  • 聯絡我們
  • 台大首頁

首頁 > 系所成員 > 專任教師 > 龜田俊和
專任教師Professors
姓  名.龜田俊和
職  稱.助理教授
學  歷.日本京都大學博士
辦公電話.(02)3366-2776
電子郵件.ToshiKameda1973@ntu.edu.tw
研究領域.日本史學
2017
観応の擾乱―室町幕府を裂いた尊氏・直義兄弟の戦い―
(中央公論新社、2017年7月25日発行),1~269頁。
征夷大将軍・護良親王
(戎光祥出版、2017年4月10日発行),1~102頁。
2016
足利直義―下知、件のごとし―
(ミネルヴァ書房、2016年10月10日発行),1~232頁。
高一族と南北朝内乱―室町幕府草創の立役者―
(戎光祥出版、2016年3月1日発行),1~272頁。
2015
高 師直―室町新秩序の創造者―
(吉川弘文館、2015年8月1日発行),1~228頁。
2014
南朝の真実―忠臣という幻想―
(吉川弘文館、2014年6月1日発行),1~218頁。
2013
室町幕府管領施行システムの研究
(思文閣出版、2013年2月28日発行),1~544頁。
2017
室町~戦国期の彦部氏
『十六世紀論叢』第8号(十六世紀史研究学会、2017年3月1日発行),13~35頁掲載
2016
仁政方再論―山本康司氏の批判に接して―
『ぶい&ぶい』第30号(日本史史料研究会、2016年12月1日発行),1~20掲載頁。
2014
足利直義下文の基礎的研究
『鎌倉遺文研究』(鎌倉遺文研究会、2014年10月20日発行),57~76頁掲載。
2013
鎌倉府施行システムの形成と展開
※黒田基樹編著『関東管領上杉氏』(戎光祥出版、2013年6月1日発行),275~319頁に再録。
2011
康暦の政変後における室町幕府管領施行状の施行文言の分化―寄進状の施行状の分析を中心として―
『東北亜文化研究』第29輯(東北亜細亜文化学会、2011年12月31日発行),533~556頁掲載。
観応の擾乱以降の下文施行システム―尊氏・義詮下文施行状を中心として―
東寺文書研究会編『東寺文書と中世の諸相』(思文閣出版、2011年5月30日発行),425~454頁掲載。
陸奥将軍府恩賞充行システムの研究
『兵庫大学論集』第16号(兵庫大学、2011年3月31日発行),23~38頁掲載。
清廉潔白な奉行人―室町幕府奉行人依田時朝に関する一考察―
『ぶい&ぶい』第18号(日本史史料研究会、2011年2月20日発行),9~14頁掲載。
2010
鎌倉幕府施行システムの基礎的研究
阿部猛編『中世政治史の研究』(日本史史料研究会、2010年9月20日発行),369~408頁掲載。
2009
南北朝前期九州地方施行システムの研究
『東北亜文化研究』第18輯(東北亜細亜文化学会、2009年3月30日発行),315~336頁掲載。
鎌倉府施行システムの形成と展開
『ヒストリア』第214号(大阪歴史学会、2009年3月20日発行),98~130頁掲載。
2006
南北朝期室町幕府仁政方の研究
『史林』第89巻第4号(史学研究会、2006年7月1日発行),33~64頁掲載。
2005
室町幕府安堵施行状の形成と展開
『日本史研究』第520号(日本史研究会、2005年12月20日発行),32~57頁掲載。
2003
室町幕府執事施行状の形成と展開―下文施行システムを中心として―
『史林』第86巻第3号(史学研究会、2003年5月1日発行),42~85頁掲載。
2016
仁政方再論―山本康司氏の批判に接して―
日本史史料研究会例会、会場日本史史料研究会石神井公園研究センター,2016年6月25日報告。
2015
彦部氏の歴史―もう一つの高一族―
鎌倉遺文研究会例会、会場早稲田大学,2015年9月24日報告。
2013
足利直義下文の基礎的研究
中世史研究会例会、会場ウインクあいち,2013年11月29日報告。
2012
南北朝初期室町幕府における軍忠の認定基準
東北亜細亜文化学会第国際学術大会、会場中華人民共和国西安豊潤大酒店,2012年6月8日報告。
2011
鎌倉幕府・室町幕府における東福寺の歴史的位置―寄進状施行状の施行文言に注目して―
東北亜細亜文化学会国際学術大会、会場大韓民国嶺南大学校,2011年10月15日報告。
康暦の政変後における室町幕府管領施行状の機能分化―寄進状施行状の分析を中心として―
東北亜細亜文化学会国際学術大会、会場モンゴル国モンゴル人文大学校,2011年5月20日報告。
2010
清廉潔白な奉行人―室町幕府奉行人依田時朝に関する一考察―
東北亜細亜文化学会国際学術大会、会場大韓民国釜慶大学校,2010年10月23日報告。
青森県下北半島の軍事的重要性―軍港大湊の近現代史―
釜慶大学校東北亜研究所主催シンポジウム、会場大韓民国釜慶大学校,2010年10月22日報告。
播磨守護赤松氏城郭・城山城の地理的一考察
東北亜細亜文化学会国際学術大会、会場龍谷大学,2010年5月22日報告。
鎮西下知状執行システムの研究―室町幕府型施行システムの原型―    
日本史研究会中世史部会、会場機関誌会館,2010年3月23日報告。
2009
室町幕府内談頭人人事に関する一考察
東北亜細亜文化学会国際学術大会、会場大韓民国高麗大学校,2009年10月17日報告。
南北朝期奥州探題の恩賞充行システム    
東寺文書研究会、会場東京大学,2009年8月29日報告。
北畠顕家恩賞充行下文施行国宣の基礎的研究
東北亜細亜文化学会第国際学術大会、会場中華人民共和国大連水産学院,2009年5月22日報告。
2008
足利直冬発給文書施行状の検討
東北亜細亜文化学会国際学術大会、会場大韓民国釜慶大学校,2008年11月29日報告。
鎌倉府施行システムの形成と展開
大阪歴史学会2008年度大会中世個人報告、会場大阪市立大学,2008年6月29日報告。
鎌倉府施行システムの形成と展開
大阪歴史学会2008年度大会個人報告準備会、会場梅田東生涯学習ルーム,2008年4月11日報告。
2007
鎌倉幕府施行システムの基礎的研究
法制史学会近畿部会、会場大阪大学,2007年5月19日報告。
2006
室町幕府御判御教書施行状の形成と展開―段銭免除・守護使不入化命令を中心として―
東寺文書研究会、会場ウィングス京都,2006年8月6日報告。
2004
室町幕府安堵施行状の形成と展開
京都大学文学部日本史研究室読史会、会場京都大学,2004年11月3日報告。
2003
建武政権の綸旨施行
法制史学会近畿部会、会場同志社大学,2003年12月21日報告。
2002
南北朝初期室町幕府寄合方の研究―管領制度形成への挑戦―
日本史研究会中世史部会、会場機関誌会館,2002年4月23日報告。
2001
南北朝期室町幕府における下知状施行の検討―特別訴訟手続と理非糺明の相剋―
東寺文書研究会、会場名古屋大学,2001年7月28日報告。
観応の擾乱以降の下文施行―将軍親裁の再検討―
日本史研究会中世史部会、会場機関誌会館,2001年4月24日報告。
2000
室町幕府施行システムの形成―執事施行状と仁政方―
日本史研究会中世史部会、会場機関誌会館,2000年6月27日報告。
1997
南北朝初期足利幕府の所務政策
日本史研究会中世史部会、会場機関誌会館,1997年9月30日報告。
2017
日本中世史と台湾史の比較・検討
国立台湾大学新進教師創始研究経費,2017年8月。
2012
南北朝初期室町幕府における軍忠の認定基準
日本国法制史学会海外研究発表助成,2012年6月。
室町幕府管領施行システムの研究
日本国文部科学省科学研究費補助金(研究成果公開促進費),2012年。
2011
康暦の政変後における室町幕府管領施行状の機能分化―寄進状施行状の分析を中心として―
日本国法制史学会海外研究発表助成,2011年5月。
2009
鎌倉幕府および室町幕府施行システムの研究
日本国文部科学省科学研究費補助金,2007年~2009年。